健康

伝統農法×GAP認定

現在「高麗人参」は韓国で2000t、中国で6000t、日本で100tもの栽培がされています。
その中でも、韓国では高齢者や女性の労働力を活用し、限界農地を利用する等、農村経済に大きく寄与する作物ともなっています。
また、昔ながらの直射日光が当たらないよう日よけの対策をする等、古くからの伝統農法も今日まで受け継がれています。

そんな「高麗人参」の中には「GAP認定」(農薬の使用状況などを第三国の審査官が国際基準で行う)という、世界レベルの食品安全保障を受けた土地で栽培する最高級の高麗人参があります。
その「GAP認定」の条件は以下のように、いくつかの細かい基準があります。

・1年間は高麗人参の栽培に適した土壌作りをしていること。
・種には一般的に使われる「二馬芽」ではなく、最高品種の「大馬芽」を使用していること。
・水はけの良い山の北斜面を開墾していること。
・高麗人参を植えてからも雪かきや水やり、雑草取りに至るまで、一切化学肥料を使用しないこと。

このようにたくさんの条件をクリアした土地でなければ、「GAP認定」を受けることが出来ません。
もちろん、この「GAP認定」を受けただけでは、品質の良い「高麗人参」は栽培できません。
他にも、高麗人参栽培に合った性質の土壌、水分バランス、気候等の多くの条件が整わないことには、栽培は始められません。
また、高麗人参は種まきから収穫に至るまで5〜9年掛かると言われ、土地の栄養を全て吸収して育つ為、一つの土地は一度限りとも言われていました。
ですが、近年は土壌改良が進歩し、収穫してから次の作付けまでに10〜20年経つとと作付けができることが判明しました。

このように手間やコストの掛かる高麗人参ですが、多くの効果・効能を秘めた不老長寿の薬であり、多くの人々の需要があるからこそ、古来から今日に至るまで栽培され続けているのかもしれません。
そんな最高品質の「高麗人参」を自分自身の身体の健康の為にも一度は試してみたいものですね。
http://www.gosgmp.com/gosgmp10.htmlには人気の高い高麗人参商品が紹介されているサイトがあります。
また、http://www.mt-kaihatu.jp/it1.htmlにはそれらの商品の口コミが載っています。
是非どちらもあわせてご覧になってみてください。
Copyright(c) 2011 yaseininjin All Rights Reserved.