健康

栄養分が豊富なのは,皮を剥がずに蒸し乾燥させた「紅参」

様々な効果・効能がある不老長寿の薬とも言われる「高麗人参」。
「高麗人参」とひとことに言っても、栽培方法、栽培年数、加工方法等によって、いくつかの種類があります。

まず栽培方法です。
基本的には同じ方法ですが、栽培する土壌の性質、気候等によっては様々です。
また、手間の掛かる「高麗人参」栽培に更に手間やコストをかけ、より品質の良いものを栽培している所もあります。

代表的な栽培地としては、北朝鮮にある開城(ケソン)、中国吉林省と朝鮮半島の国境に連なる長白山、日本、アメリカ、カナダ、ロシアです。
その中でも原産国として有名なのは、開城と長白山です。

次に栽培年数です。
「高麗人参」には1〜6年根までの6段階の階級があります。
その中では3年根以上でないと、「高麗人参」本来の味が発揮されず、古いものほど良いです。
しかし、6年根以上のものは、表皮組織が老化現象を起こし始める為、製品としては使い物にならないと言われています。

最後に加工方法です。
水参(畑から掘り上げたままの生の人参)、紅参(水参の皮を剥がして、煮るまたは蒸して乾燥させたもの)、白参(水参の皮を剥いて日乾ししたもの)があります。
その中の「紅参」を更に工夫したものがあります。
それは、水参の皮を剥がさずに蒸して天日で乾燥させたものです。
これは、普通の「紅参」、「白参」に比べて活動成分であるサポニンを30種類以上含んでおり、栄養成分が豊富です。

また、血圧を上げる効能を下げたものである為、「高麗人参」使用を懸念される高血圧の方も使用する事が出来ます。
もちろん、使用される際には一度医師に相談の上、使用して下さい。
最も、病院から処方してもらうのが1番良いと言えます。

このように、「高麗人参」とひとことに言っても、様々な種類があります。
また、使用を懸念されている方向けに作られた製品もいくつもあります。
化粧品に配合されているタイプから期待できる効果はこちらhttp://www.yukuru.jp/cos.html
そのままの高麗人参をおいしくいただく調理法はhttp://www.score-fortwayne.org/11.htmlでいくつか紹介されています。
皆さんも使用の際には、自分の健康状態、生活習慣に合った「高麗人参」を選び、使用して下さい。

Copyright(c) 2011 yaseininjin All Rights Reserved.